シエスタ

日々の想いをつらつらと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DIR EN GREY '10.1.10 UROBOROS -with the proof in the name of living...-


この日は、チケ番が物凄く良くてですね、会場時の戦闘に巻き込まれましたが正論を振りかざし、自分もしっかり柵取り。。

取ったはいいが、柵が高くてチビな自分には持て余しそうだなとは思ったんです。。。

で、チケ番良いんで一時間たっぷり開演までスタンドが埋まっていく様を見ていました。

9日よりあきらかに人が多い。真東、真西の席も昨日は黒幕で覆ってたけど10日はそれを一部剥がして客入れしている。

数日前、相方と駐車場の下見に来た際、駐車場のおじさんと話し込んだんだけど。

その時「9,10日?8000席って書類にあるからねぇ。満杯じゃないねぇ。駐車場そんなに混まないとは思うよ」って言われて激しく萎えたんだけど結構埋まってる印象。

駐車場のおっちゃんがいちいち引き合いに矢沢永吉を出すのがイラっと来たなw

んなで、数分押しでそろそろ。。。と思ったら、東スタンドから物凄い歓声そして西からも!

コレはあの紗幕の中にメンバー来たなってバレバレw
もうちょっと旨い事やってくれいw

で、客電落ち。

ここで、あ、この場所嫌かも。。。と思う←早っw

物凄い押しに加えて重い腕を頭ってか、首の辺りにぎゅうぎゅうされて頚動脈がぁあああぁって不安になったのですw

我、闇とて… はシルエット演奏。

声よく出てるから気持ち良かった。なんだかShinyaがスティックでフロントのメンバーに襲い掛かってるみたいに見えて集中できず。

Deity には最初ポカーーん。でも今の雰囲気に合う!鳥肌たった!

OBSCURE 昨日はやらなかったから来るとは思ってたけどキターーって毎回上がるw

で、頭が全く振れない。柵に押しつけられてるんで仕方ないんだけど頭振ったら顔面を柵の角に絶対当てる高さ。。

参ったなあ。。でも今日は頭振らないでメンバー観ちゃうかなぁ~こんな近いんだしと思ったんだけど。

皆の手やクレーンカメラが丁度被っちゃって見れない
チビに生まれた事をコレほど呪ったことない
しかもこんなに近くても視力のせいでそれ程はっきり見えない

RED SOIL
STUCK MAN
慟哭と去りぬ
蝕紅

大好きなのがつがつ来ます
赤土のDieのイントロが好きです
ギター弾く姿もめっちゃ気合入ってるなぁ
ってか、そのジャケはw 素肌にジャケしかもシルバーっぽで ほんとかっこいいです!

スタックマンは楽しい安心して聞ける
今日はメンバーも昨日より客席見たり、緊張がない気がする。
BASSの駆け上がるとこBASSの駆け上がるとこ~!!!
いいっ!気持ちいい !
Toshiyaの首とか、Toshiyaの左足の踵とかのテンソンバロメータが早くも振り切りそうですw

INWARD SCREAM

蜷局
GLASS SKIN
THE PLEDGE
DOZING GREEN

いつもなら貧血のターンが早めに来ました。が、今日は貧血も何も頭振ってないんで大丈夫。
また蜷局の入りのシャーでドキドキする小動物w
蜷局での京を皆さんは凝視していると思いますが、Mr.Bassistもたまにはご覧になって。
すんごい面白いからいや、すんごい熱いから^^
もう汗だくなんじゃんw

THE PLEDGE には思わず歓声が!
自分初聴きですぅ泣きそうになる。薫の下手こいたら雑音になっちゃいそうなイントロ部分もいい感じだった。
DOZING GREEN はToshiyaが侍になって竿をブンブン振るのです。
とっても気持ちが良いです 。すっきりします 。
10日は9日より音が安定していて聞きやすくなったと思う。
それと何の曲か忘れたけど、割れた日本人形の顔から百足が這い出してきたり。。。虫恐怖症なのになぜかDIRのだと大丈夫w

INWARD SCREAM

dead tree の演出は9日と同じなのにまた泣いた。

BUGABOO の魔方陣ぐるぐるが気持ちよくて自分の目もぐるぐる。
灼熱の曼荼羅前のサッカリンあたりのBASS地味ですがいい音なんだよなぁ不気味な悲しい音。
その後のカタストロフィあたりのShinyaのドラム、パカラッパカラっってなるとこが凄い頭真っ白になる。

冷血なりせば 冷血なりせば ですよぅ!!!
此処がキモです! いや1肝です!
本日のToshiyaは上手まで掘ってきました。ぐるんぐるん回ってて異常でした。異常なの大好きw
今後、LIVEで消えてく曲もあると思うけど冷血は残って欲しい 。
あと凱歌も。あとBUGABOOも。全部 。
凱歌、沈黙が眠る頃 の時の右足がwww
ふくらはぎパンパンでしょうね w
Dieが入りでいいお仕事してんのにいっつも見逃すから10日は見ましたギター立ててかっこいよねぇ。

本編終わり、場所移動しました。
どうしようか悩んだけど移動して正解だった、自分的には。

-ENCORE I-

怒涛のアンコだ。
HYDRA 666
お面お面前に見た時より、小さい様な気がした。
顔の主に左側にくっついてた様な。
頭振れるとこ移動して正解やー 演出は9日と同じ。
やもちゃんが長袖着てたのは熱いからなのかな。。。

AGITATED SCREAMS OF MAGGOTS 9日やってないからあがった。
朔-saku- 畳み掛ける様にキタかっ!この曲、シャウトが出てないと寂しい曲だと思うんだけど声出てて気持ちよかった

あと後方に下がったらスタンドの声が物凄く聞こえて感動

で。。。
残 は昨日より音の粒そろってて良かったぁ。
しかも後ろ下がったからか、BASSの音がクリアで。
いや、クリアってか汚ない「グルおん、ばるおん、がしゃがしゃ」が昨日以上に良く聞こえたのだw

Dirge For Freedomのとこもまわり皆、デスボしてる男の子でかっこいい皆好き勝手に暴れてるのに物凄い一体感!

激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇
背徳に敬礼。。。で敬礼したくなりません
めちゃくちゃ敬礼したいんです
ここらあたりはもう記憶ないです。。。アザーサイドオブデス叫んで、
「あ~あ~嗚呼ああ~嗚呼ああ~」の後の高音「アーー」なんか自分が声でないのに出してる体で口開けちゃったよねぇ。

まわり見ると男の人が多くって嬉しくなった 。
これからも増えて男女同じ位の比率にらるといいな。

-ENCORE II-
THE FINAL レアだねって声があったけどそうなの。。かな。。あんまりそう思った事なかった
多分、海外の映像YouTubeで見すぎw
未遂の蕾咲かせました。

INCONVENIENT IDEAL Toshiyaの「ヴぉいヴぉい」で泣きそうになれる自分
後方もToshiyaに合わせて拳上がっていて、それをToshiyaがちゃんと見てるって感じがした

VINUSHKA 「最後です 」って京がポツリと呟いて胸がいっぱいになってしまった
この位置にVINUSHKA来るのはなんとなく途中から感じていたけど。
音源ではあまり得意な曲じゃなかったんだけど、LIVEでは別物なんだよね。
9日VINUSHKAで始まって、10日VINUSHKAで終わる。。。

UROBOROS。。。終わりなき循環が続くけど、いったん此処が着地点なんだなぁと思って感慨深かった。


で、曲が終わるとメンバーはピック撒きとかせずに退場。
そして、SA BIRが流れる中、UROBOROS-breathing-からの全LIVEの公演日程が流れる。。。

アンコールの声がSA BIRと重なって不思議な気持ちになる。

ここで突然

激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇のPVフルバージョンが流れた

って、ここでフルかは解ってないんだけど「フルだろっ」「そうだよね」みたいな会話が知らない人どうしでされるw

頭振っちゃってる子が居て「見なきゃだよ」と思ったんだけどw

PV...MVかな。。。あれはTVじゃ流せないねぇ

京が一番喰われちゃうんだろうとは想像してたけど、あんなにーーーー!?
左目と左の腕ってか肩あたりからわき腹かけてばっさり。。。
凄いそれが作り物っぽくない。白組?どこが作ったんだろ

そしてToshiyaがぜんぜん後半もでてこない件OTL
LIVEで目立ってるから、いいか。。。我慢か。。でも、ポスターもカルマもどこ見てもスナフキンしか居ないし。。。
もうちょっと自覚持ってください←何のw

会場全体が合唱wなんか不思議な空間w
PVが終わると拍手が巻き起こって。。。
メンバーにも届いたかな

この日の日本武道館公演はこれからのDIRに大きな可能性を感じさせるものだった。

今後どんな楽曲を作ってくるのか。。。これからのDIR EN GREYに期待したい←増田っち風

そんな感じで長い長い2日間は終わった。

全身に残った痣と首の痛みも消え今は、放心状態です。

早く次のスケジュールください。

我、闇とて…
Deity
OBSCURE

RED SOIL
STUCK MAN
慟哭と去りぬ
蝕紅

INWARD SCREAM

蜷局
GLASS SKIN
THE PLEDGE
DOZING GREEN

INWARD SCREAM

dead tree
BUGABOO
冷血なりせば
凱歌、沈黙が眠る頃

-ENCORE I-
HYDRA 666
AGITATED SCREAMS OF MAGGOTS
朔-saku-

激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇

-ENCORE II-
THE FINAL
INCONVENIENT IDEAL
VINUSHKA
激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇(PVフル)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jun8223.blog82.fc2.com/tb.php/87-06664797

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。