シエスタ

日々の想いをつらつらと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DIR EN GREY 10.1.9 UROBOROS -with the proof in the name of living...-

なんか今更ですが、思い出せる事は書いときます。

数分押しで暗転。聞いたことない曲が流れ、紗幕につるされた肉?そして髑髏が沢山映し出される。

それがモノクロの蝋燭になって、滑るように流れるように動く。

そして、火が灯って暖かい色になって流れてく。

この雰囲気、シンドラーのリストっぽいなと思ってたら、SA BIRがかかる。

そして、UROBOROSのロゴと-breathing-の時と同じ炎の輪が。

もの凄い歓声!で、紗幕越しにメンバーが見えた。

こっちもだけど、メンバーも緊張してるっぽに見えた。

VINUSHKA。。やっぱ、シュカ始まりだ~ !

Toshiyaが「歓声をもっと!」みたいに耳に手を当てる何時ものポーズ。

え~今ですかwどこまでも空気読まないのねwそういうとこ大好きw

で、まあ皆吠えますよねぇw吠えられると「うぅうん満足ぅ」的にニマニマしてた。

もう、映像と照明が凄すぎてメンバー見なかった。

今までのLIVEで使ってなかった映像がいっぱいあったと思う。

うえつくドグラマグラ前の大好きなBASSの音がよく出てたので痺れる!

「此処が真実だ!!」で紗幕落ち。メンバー、お出まし。

ここかい業と歩むじゃないんだぁって思ってる間もなく業と歩むがキターーー!

頭が止まらんです。今日は観るって観るって決めて来たのに~。

ロープ持つスタッフが力込めてたw

最後に紫がかった街、廃墟がバックドロップ全体に映っていてそれが凄く綺麗で泣きそうになる。

凱歌、沈黙が眠る頃
RED SOIL
STUCK MAN
GRIEF
慟哭と去りぬ
Marciless cult

うはっ大好きなのキタキタ余裕が出来たのかToshiyaが2階席を確認。

うんうんしての「拳あげる~」のお得意のポーズを繰り返し、定位置へリズムに合わせてもどって行く。

なんかこの人もう、V系の方じゃないですよね。

自由人。。。なんか動きがRIZEのKENKENに最近見えてしゃーないw

KENKEN大好きだから嬉しいんだ!

そいや、NEW BASS初めてみたけどDragon AshのIKUZONEのに激似だわ。

Dragon AshのIKUZONEはSHANKARAかなんかにもレビュー書いてくれてたよね。仲いいのかな。

バルタンヘッドで黒にシルバーかなんかで数箇所四角く塗装されてた様な。

塗装をマーブルっぽく剥いだのは別モノなのかな。

凱歌ではあんまり動きまくらなかったと思う。一日目だもんね

RED SOILでDieをチラ観。髪の毛なびかせてノリノリだった。やはりいつ観ても涼しげでイケてる。

どっかの誰かみたいに、ポタポタ汗たらして白キャビの水を「ごきゅごきゅーーーぷはっ」とかタオルでおつむを音がするくらいゴシゴシ拭いたりしないですねw

Shinyaを観たらまた要塞化していたような 。頭がちょいちょいしか見えない。

ドラムのフレームをゴールドにしたってGIGSにあったけど綺麗でいいと思った。

INWARD SCREAMではマイクを通さない生の声まで聞けた。

陵辱の雨
蜷局
GLASS SKIN
我、闇とて・・・
dead tree

ちょい、トーン落として来ました。
そうそう、バックドロップは基本の絵が痩せた男の上半身で手を広げてて、手が何本もあるやつだった。

釈迦の体だと思うんだけど。千手観音か?

蜷局始まりの「しゃーーーー」って音が今までで一番デカくてくるぞくるぞっって身構えてたのに薫の一音目に結局びっくりしちゃった^^

ギター音が大きすぎて京の声が負けてる印象。

グラスキはPVが流れてたけど知ってる映像とは違うのがあった様な。。。気のせいかな。

我、闇とて・・・ギターがぁどうしようもない音出ちゃってて薫がスタに何度も視線を送ってた。

あれは残念でした。。。気が気じゃなくて世界観になんか浸れませんでした。

その不完全燃焼を払拭してくれたdead tree

音出しリハでやるのばればれだったdead treeなのに凄い感動

スモークが焚かれてブルーのライトがスモークをかき混ぜる様に動く。

そして天井の日の丸を照らし出して。。。泣いた

日の丸の演出良かった~って人の感想が「日本人でよかったって思った」ってのが結構あってびっくりした。

「この国の在りようでいいのか」。。。。とかの意味に捉えてたから。

dead tree終わりのシャウトは鬼気迫るものがあった。

INWARD SCREAM
HYDRA 666
BUGABOO
冷血なりせば
DOZING GREEN

HYDRA 666やっぱ炎きた

でっかい消防車入ってましたもんね。炎結構熱っ!Shinya大丈夫か !

薫が少し前に出たのは熱かったの ?w

Toshiyaの変態BASSっぷりがドツボですたまらん。。

首が。。。。もたないです。ここからの流れぇ~げへぇ w

冷血で上手お散歩、ドラム台よじよじ、ジャンプ、ぐるぐる回転しながら定位置もどりw

でToshiyaがどの程度、掘るのかがテンソンバロメータなのですが観そびれた。

カメラがこっちを舐めるから顔隠すしかなくて。

あんま、一日目は掘らなかったそうな。自重したんだね

DOZING GREENのBASS捌きが大好物なので今日は頭振らずに観るかっと思ったらカメラがぁ

もう~竿をぶんぶん振り回すとこ見たかったのにな。

-ENCORE 1-
INCONVENIENT IDEAL
CONCEIVED SORROW

INCONVENIENT IDEALで老人の皮膚とかがモノクロで映るんだけどなんだか美しいんだよね。

Toshiyaのヴぉいヴぉいに合わせて拳あげ気持ちいいなぁ

CONCEIVED SORROWでまた空気読まずにお祈りしちゃうのかと思ったけどしなかった。でもなんか俯いてグーを胸の辺りに持ってった様な。。。
あ~妄想かも

-ENCORE 2-

激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇
THE IIID EMPIRE
羅刹国
CLEVER SLEAZOID

アンコールの声は周り皆言ってたし盛り上がった

京のメールでセトリ見えちゃってたから、2アンコってのは解ってたんだけど激闇2アンコのしょっぱなだと思ってた。

残が一文字だから見逃してたw

残の照明がメタルっぽな感じでチカチカして曲に凄く合ってた。

メンバーも前に出る出るw

Shinyaおいそがし曲だが頑張れ竿隊はもう箍が外れて好き勝手遣ってますんでw

所々、全部の音が被っちゃって耳がイカれたのかリズム見失う。

Psycho In Fear~Dirge For Freedom~げめっげめっげめっで頭真っ白になる

その後の「爆音、汚物と化した神となれ・・・」のくだりのBASSのばるおんブルおん、がしゃがしゃ、んとこがちゃんと聞けてよかった

此処のBASSが大好きだーーーその後のBASSのソロっぽのとこよりよっぽど好きだーー!!

エンジン音みたい嗚呼かっこいい音だぁ !

激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇
スクリーンに5分割でメンバーが映ります。だから皆、定位置にそそくさ戻るあるね

結構いいアングルで撮れてるんだな~で、Toshiyaの手元が映ってハイテンション!

顔より手元が嬉しい。。。って

THE IIID EMPIREもう壷でんがな。これがラスト曲だったらもっといいのに

爆裂Toshiyaはマイクちゃんと投げて、スタがはいはい。。。って感じですぐ直してた。

羅刹国はもう、音がつかめない位音響が悪くって。

でも何とか所々、音見つけて想像でここやっっ!てとこで「邪気」って叫んだけど合ってたから良かった。

CLEVER SLEAZOIDラストってあっけなくてあんま好きじゃないなぁ。。

なんか寂しい。。。羅刹国のがいいかもなんです。

で、餌撒きタイムに。

Toshiyaは水をボトル開けないで数本Bブロックに投入。薫も。Dieはボトル振って霧状にかけてくれた。マイナスイオン浴びれた。。水は被ってないけど、爽やかな冷たい風が来たからw

ピックもあんまり撒いてなかったなぁ。

で、一番感動したのが、Bブロックだけがステージでド下手やド上手には花道っぽいのもないので行けないんだけど。

Toshiyaがキャビや機材をよいしょよいしょと気をつけながら跨いで移動して2階席や1階席の人に拳上げてお礼してた事。

凄い2階席の人が声上げててそりゃ嬉しいよなぁと思った。

アリーナで見れた自分幸せもんや、ありがたや、合掌。

それと、京がピースにした手を自分の両目にあてがう様にして客席の全方向にその手を向けて。。お前らを焼き付けたよ。。。てしてるみたいで泣けました。


今までLIVE行った中でこの日が一番熱いLIVEだった。。。。

この日まではね。

SA BIR
VINUSHKA
凱歌、沈黙が眠る頃
RED SOIL

STUCK MAN
GRIEF
慟哭と去りぬ
Merciless cult

INWARD SCREAM

凌辱の雨
蜷局
GLASS SKIN
我、闇とて…
dead tree

INWARD SCREAM

HYDRA 666
BUGABOO
冷血なりせば
DOZING GREEN

-ENCORE I-

INCONVENIENT IDEAL
CONCEIVED SORROW

-ENCORE II-


激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇
THE IIID EMPIRE
羅刹国
CLEVER SLEAZOID


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jun8223.blog82.fc2.com/tb.php/86-87196b43

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。