シエスタ

日々の想いをつらつらと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 靖国

私、観たかったのに;;

残念だな。

政治的に圧力加わったのか?

次々と上映が中止され、重要な登場人物の
刀鍛冶の方が自分の映像と音声をカットして欲しいと
言い出した。

残念だ。ほんとに。

映画を観なけりゃいい、悪い、偏ってる、偏ってない
判断できないじゃん!

私達には観る権利があるはずなのに;;
観て私自身がどう感じ判断するか。。。。

香港では賞とったんだよね。
なんとかして観れないものか!


スポンサーサイト

俺は、君のためにこそ死ににいく

俺は、君のためにこそ死ににいく俺は、君のためにこそ死ににいく
(2007/10/21)
邦画

商品詳細を見る


戦争映画を一緒に見に行く友達が居ます。

彼女は特に邦画が好きですが、私は今まであまり邦画を
ロードショーで観てなかったりします。

ただ、戦争映画について語り合える友達が出来た事は
ホントに嬉しい^^

今まで行きたくても一人で映画って観れなくて
断念してたので。。。

この映画は特攻隊とそれを送り出したトメさんの
話なのですが石原慎太郎の顔が見え隠れして
右に右にと傾く体を立て直しながら観ました^^;

勿論、事実としての特攻隊とトメさんの関係は
崇高なので文句のつけようもありません。

特攻に旅立つ若者を見送る父や弟の場面では
涙が出ました。

この様に特攻という蛮行に走ったあの時代を
繰り返さないようにしなければいけませんね。

特攻第一号と言われている(本当は違うようですね)
関行夫が特攻を言い渡された場面をもうちょっと
丁寧に描いて欲しかったです。

全体的に美化されていて私としては
居心地が悪かったです。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。